成分を知る

サプリメント

どの健康や美容サプリメントにも言えることですが、それぞれの配合成分の相性が良い場合は互いの成分が助けあって相乗効果を得ることができます。
実はグルコサミンサプリメントに関しても同様の成分が複数存在しています。
そのためそれらの成分を知ってうまく同時に摂取をできれば、より膝関節症の悩みも解消しやすくなります。
例えばよく知られている相性の良い成分にコンドロイチンがあります。
コンドロイチンは軟骨そのものの成分であり、関節の機能維持に大きな役割を果たしています。
またこれ以外にヒアルロン酸も同様に軟骨のクッションの役割を担っています。
このためグルコサミンサプリメントを選ぶときには、比較・ランキングなどを用いてこれら相性の良い成分の配合量も比較した上で、最も相乗効果が得られそうな商品を選ぶのも良い選び方です。

変形性関節症は高齢の人やスポーツで激しく関節を動かす一部の人に多く、この治療は若い人ならば軟骨そのものの再生が早いため治癒も短くて済みますが、高齢者の人は軟骨の生成が遅いため、外科施術か保存治療を用いることが多くなります。
特に軽度の変形性関節症の治療では、グルコサミンサプリメントでも配合され、摂取することが多いヒアルロン酸を用いた注射が行われています。
サプリメントと違って、直接関節内に注射をするため効果の方は即効性があるのが特徴です。
このヒアルロン酸注射と筋トレの組み合わせてリハビリを行って治療を行うのが、軽度の変形性関節症の治療であり、グルコサミンやヒアルロン酸配合のサプリメントの摂取と競合関係にあり、また同時に治療をしながらサプリを用いる人もいます。